車の査定において、事故や災害に

中古車を売却した時に、買取トラブルが発生す
車の査定において、事故や災害にあった車の場合は、査定から差し引かれることになります。
そうは言っても、事故を起こしたことがないようなふりをすることは思いとどまった方が賢明です。


なぜなら、後になって事故車であるという嘘が露見していざこざへと発展するケースが多くあるからです。中古車の買取業者は本職の人たちなのですから、「事故歴のない車です。」と主張しても遅かれ早かれ気付かれてしまいます。心を乱すような事が起きないようにするためにも、ストレートに事実を伝えた方がいいでしょう。
愛車の査定をする場合、店舗に直接行ったり、自宅へ来てもらうのが一般的となっています。



更に、メールで車査定を行っている業者もあります。ただその場合、買取業者と直接のやり取りが必要なため、ものすごく面倒です。中には、繰り返し何度も営業を行う業者もいるので、嫌な思いをしてしまうこともあるでしょう。車を売るときには、小傷はそのままでも構いません。ただ、査定前に車の掃除だけは済ませておきましょう。収納スペースを塞ぐものは最小限にとどめ、ボディの汚れが気になるときはこの際洗車しましょう。普段使っているカーシャンプーでサッと洗えば十分だと思います。
以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、よりにもよってキズが!なんてことになりかねないので、あくまでも清潔感を目指してください。それからホイールを含むタイヤ周りは人の足元と同じですから、きれいにしましょう。バケツの水とスポンジくらいでもだいぶきれいになります。


石ハネ部分をタッチペンで修正したり、タール汚れを無理にとるのは営業さんもオススメしていません。