使用していた車を業者に買い取ってもらった後、新

車検を通らないような改造をしてある車でも、
使用していた車を業者に買い取ってもらった後、新車が納車されるまで、時間がかかってしまうこともあるでしょう。
代車を貸してくれる買取業者も増えています。査定と同時にあらかじめ話をすると代車を準備する手はずを整えてくれることもあります。
または、次の車を買う際に代車が使えるディーラーもありますから、そちらにも話してみてください。どんなケースでも車の査定は走った距離が短いほどプラスの査定になります。

走行した距離が長い方が車の状態が悪くなるからです。そう言っても、走った距離のメーターに細工をするとそれは詐欺となってしまうので、走ったものは諦めましょう。


この後からは、車を売ることを頭に入れておき余計な距離を走らない方が良いでしょう。買取依頼の際に車体に傷が入っていると、査定ではマイナスになる場合がほとんどです。
ですが、だからと言ってその傷を修復して買取に持ち込んでもあまりいいことはありません。プロの手で直してもらったとしても修理費用で足が出るくらいでしょうし、なんとか自分で修復を試みてもむしろ査定が下がることもあるので注意しましょう。


下手に修復を試みるのではなく、現状をそのまま見てもらうのが結局一番良いでしょう。