車を買い換える際は下取りに出すのが一般的です

車の査定時、どうせならなるべくいい値段で車を手放
車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中古車買取も候補にいれてみませんか。


でも、ちょっともったいないと思いませんか。下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、車種、中古車としての状態などによっても買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。



僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。すると「下取り、安すぎ?!」というのが正直な感想でした。
業者の方が高いなんて。


現金で即日で払ってくれるというので、その週のうちに契約を済ませ、早々に新車を購入しました。
ローンは利息がつくので、頭金を入れて安く済んで良かったと思います。


下取りを値引きだと思っていると損ですよね。
自分の車を売却する場合にはいろんな書類を準備する必要があります。

その中でも、自動車検査証、要は車検証は、非常に重要な書類です。その他には、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書、印鑑証明書、譲渡証明書などの書類を用意しておく必要があります。


そのほかに、実印も必要となるので、きちんと用意しておきましょう。

去年の夏ごろの話ですが、当時乗っていた日産エクストレイルの買換えを検討し、中古車専門業者の買取査定を受けたことがあります。ネットで一括査定出来るところを探して、最も見積額が高かった業者の方の話によると、買取りを行う季節も、評価額を左右する重要な点だということでした。

私が買取してもらったエクストレイルを例に出しますと、アウトドアに向いた車ですので、やはり夏になると需要が高くなるそうなのです。ですから、高値がつくタイミングとしては、春から梅雨時期だそうなのでためになる話を教えてもらえました。