車を買い替えるときは、ディ

自分の車を売りに出すときに、そのまま現金で持ち
車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。でも、ちょっともったいないと思いませんか。下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、車のコンディションや年式によっては下取りより買取のほうが妥当なケースも多いと思います。

私は二度目の買い替えのときは、買取業者にも見積りをお願いしてみたのですが、「下取り、安すぎ?!」というのが正直な感想でした。業者の方が高いなんて。
30万円までは即日現金払いという業者さんだったので、引取りと同時に現金を貰い、さっそく新車の頭金にあてました。ほんの1週間の時差で得するなら、そちらの方がいいですよね。

一般的に事故車というのは、交通事故などで傷がついた車の事を言うのですが、これは車査定で使われる意味とは違ってきます。



中古車査定の定義の場合だと、事故が原因として自動車の骨格部分を修理で交換しているか、修理したものを事故車と呼ばれます。中古車一括査定店にかかってくる電話には「本人ではないのですが売りたい」という相談がしばしばあります。妻や子からの相談が圧倒的に多いのは、名義人を変えなくても車は乗れるという現状をよく現していると思います。
実際には、自分以外の人が車の所有者(名義人)であるときは、家族でも他人でも一定の手続きを要しますが、名義人の印鑑証明、ならびに譲渡証明書(実印を押印)、売却を代理人に託す委任状(実印を押印)を揃えていただければ、代理人の方でも売却できます。自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、そのままでは売却できません。

完済して名義を変更すれば売却できます。

もし返済があと少しでも、営業担当者ならおそらく同じことを言うと思います。